豊平川の河川敷で
デイキャンプ気分

札幌川見を主催する札幌青年会議所(札幌JC)と、野遊びリーグとの連携によって、SNOW PEAK(スノーピーク)のアウトドアギアで楽しむデイキャンプエリアが実現しました。豊平川の河川敷で子供も大人もアウトドアを気軽に体験できます。

 

※飲食は「札幌川見」飲食ブースにて購入されたものに限ります。

※上記以外の飲食物のお持ち込みはできません。

札幌JCってなに?

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)の設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生しました。また、1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設立され、今日に至っております。

現在、全国に697の青年会議所があり、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、様々な活動を展開しています。


札幌青JCは、本年度「札幌川見」の他、「社会起業家育成塾」の開催、「わんぱく相撲札幌場所」など様々な運動を行っています。そして2020年9月には日本青年会議所 第69回全国大会 北海道札幌大会を主管します。全国大会は日本中のJCメンバーが一堂に会し、約15000人が札幌に訪れることになります。この経済効果はおよそ20億円と言われており、北海道と札幌市の全面的なバックアップのもと、開催される予定です。

一般社団法人札幌青年会議所
(札幌JC)

野遊びリーグってなに?

全ての人の中にある遊び心を集め、国内外の野遊び活動のプラットフォームを構築して野遊びの普及を図り、真に豊かな社会の実現を目指します。

「野遊び」とは、世界でも稀な豊かな自然と四季がある島国・日本で、時代を超えてその自然に戯れ遊んできた日本の文化であり、生き方です。
人間の遊びの原点であり、生き方でもある野遊び=NOASOBIこそが、文明の発達により離れてしまった自然との距離を縮め、そのリズムを取り戻し、人間性を回復する最高の手段です。
その野遊びは、有名な山や川が無くても、都会でも、そこに今あるものを楽しむ仕掛けをつくる人と、それを楽しんでくれる人がいれば、どの地域でも始めることが可能です。

「野遊びリーグ」では、地域の人たちが自ら楽しみながら各地の真の魅力を国内外へ発信し、人・モノ・情報の新たな流れと、新たな消費と雇用を創出することで地域活性化に取り組みます。
全国各地で行われる野遊びとそれを仕掛ける野遊び人同士がつながり、野遊びを通じてお互いに研鑽しあい、グローバルな野遊び人材を育成することで、
世代・地域・国を越えてつながりひろがる真に豊かな社会を共創していきます。

一般社団法人野遊びリーグ

© Junior Chamber International Sapporo All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon